旧500円玉とは

旧500円玉とは

旧500円玉は、日本で初めて発行された500円玉で昭和57年~平成11年まで発行されてました。

側面に「NIPPON 500」とか書かれているのが特徴です。

そんな旧500円玉は基本的には額面価格通りの価値しかありませんが、中には額面価格以上の価値があるものが存在します。

昭和62年と昭和64年に発行された旧500円玉は発行枚数が少ないため、希少価値が高くなっております。

そこで本記事では、昭和62年と昭和64年発行の500円の価値について紹介していきます。

旧500円玉の価値

昭和62年500円硬貨

硬貨の種類 買取価格
昭和62年500円 1,500円

昭和62年の500円玉の価値は、1,500円ほどとなっております。

発行枚数は約277万枚とかなり少ないため、希少価値が高くなっております。

昭和64年500円硬貨

硬貨の種類 買取価格
昭和64年500円 1,500円

昭和64年の500円玉の価値は、1,500円ほどとなっております。

発行枚数は約1,604万枚と他の年と比べて少ないため、希少価値が高くなっております。

さらに昭和64年は一週間しかなかったため、この年に発行された500円玉はコレクターの間で人気の硬貨となっております。

【無料】500円札の買取依頼はこちら

500円玉の買取業者比較

福ちゃん 買取プレミアム
バイセル
公式サイト >詳細はこちら >詳細はこちら >詳細はこちら
査定実績
買取価格
対応スピード
買取方法 店頭買取 店頭買取 出張買取
利用者満足度 85% 85% 90%

500円玉をはじめ多くの硬貨買取を行っている大手業者3社をまとめてみました。

こちらの3社に関しては多くの方が利用しており、買取方法や満足度などに大きな差はありませんでした。

しかし唯一差がついたのは、買取価格の高さがバイセルが1番高いということです。

月間2万件以上の買取実績と再販ルートをしっかり持っていることから買取価格が高くなっております。

500円玉はしっかり鑑定してほしい方は、ぜひバイセルに依頼してみてください!

査定価格を比較したい方は?

査定価格を比較したい方は、福ちゃんを利用してみてください。
初めて利用する方を対象に買取価格最大で20%アップのキャンペーンを実施中です。

バイセルや福ちゃんは、「手数料無料、コスト0円」で査定してもらうことができます。

もちろん査定価格に納得できなければ、キャンセルすることもできます。

ギザ10をお持ちの方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

バイセル公式サイトはこちら