「昭和時代の旧札」の記事一覧(2 / 3ページ目)

兌換券甲号(日本武尊1,000円)の価値とは?|おすすめ買取業者も紹介!

昭和時代の旧札
兌換券甲号(日本武尊1,000円

兌換券甲号(日本武尊1,000円)の価値を紹介します。兌換券甲号(日本武尊1,000円)は日本で初めて製造された1,000円札で、1942年に発行されました。製造目的としては第二次世界大戦後にインフレーションを解決する為に作られた紙幣ですが、基本的に流通することがなかったため、希少価値の高い古紙幣(旧札)となっております。

旧1万円札の価値とは?|おすすめの買取業者も紹介!【保存版】

昭和時代の旧札
旧1万円

旧1万円札の価値について紹介しています。旧1万円札はこれまでに「福沢諭吉1万円札」が2種類と「聖徳太子1万円札」が1種種が発行されております。現在でも1万円として使用することも可能ですが、特定の条件を満たした1万円札であれば額面価格以上で買取してもらうことができます。

日本銀行券(戦時小額紙幣)の価値は?|全2種類の買取相場を紹介!

昭和時代の旧札

日本銀行券(戦時小額紙幣)の価値・買取相場を紹介します。日本銀行券(戦時小額紙幣)は、1944年から1953年にかけて発行された古紙幣で、額面価格は「10銭」「5銭」が2種類あります。それぞれ描かれている絵柄から「八紘一宇10銭」「楠公5銭」とも呼ばれています。

ページの先頭へ