エラー紙幣とは?

エラー紙幣

エラー紙幣とは、製造過程で印刷ミスや断裁ミスが起こり、造幣局内のチェックも通過してしまった極めて珍しい紙幣です。

一般的に、エラー紙幣は銀行で交換してもらうことやそのまま使う事も可能となっています。

しかしエラー紙幣は専門家に買取してもらうことで、数百万円以上の買取価格になることがあります。

エラー紙幣には、大きく分けて下記の5種類が存在しております。

エラー名称 状態
印刷ミス 印刷が欠けがあり絵柄の一部が空白だったり
絵柄が片面だけの状態
印刷ズレ 絵柄がズレたり重なったりしている状態
福耳付き 紙幣の角にカットされていない余分な紙が残った状態
記番号違い アルファベットと数字が表と裏で違う状態
裏写り 表と裏が同じ面に印刷された状態

これらのエラー紙幣は、希少価値が高く額面価格以上で買取してもらうことができます。

では次に、エラー紙幣の種類と買取相場を詳しく紹介していきます。

エラー紙幣の種類と価値

「プリントエラー札」

買取相場 〜10万円

印刷ミスのエラー紙幣の買取相場は最大で10万円ほどとなっております。

中でも代表的なのが、裏写りはと呼ばれるエラーで裏側に印刷されるはずの絵柄が表側に印刷されてしまった紙幣です。

他にも印刷が欠けており絵柄の一部が空白、絵柄が片面のみの状態など様々な印刷ミスエラー紙幣がありますので、ぜひ専門家に査定してもらうことをおすすめします。

印刷ズレ

印刷ズレ

買取相場 〜10万円

印刷ズレの紙幣の買取相場は、最大で10万円ほどとなっております。

サイズが通常の物より大きいものや小さいものに関しては1mmでもずれていればプレミアがつきます。

1mmのズレだと素人では、発見できない可能性もありますので、少しでも違和感を感じたら専門家に査定してもらうことをおすすめします!

福耳つきのお札

福耳つきのお札

買取相場: 〜100万円

画像のようにお札の端がずれていたりすると、「福耳お札」と呼ばれ高値で買取してもらえます。

紙幣は大きな紙に複数枚印刷された後、決められた形に裁断して紙幣の形に整えられるが、この時裁断ミスで四隅のどこかに切れ端が付いた紙幣が製造されることがあります。

この切れ端がついたままの紙幣が検査をスルーして切れ端が付いたまま流通してしまったエラー紙幣で、最大で100万円以上で買取をしてくれる可能性があります。

記番号のアルファベットが違う

記番号のアルファベットが違う

買取相場 〜30万円

お札に書かれたアルファベットが異なるものもエラー紙幣です。

本来は赤枠で囲った部分のアルファベットは同じものになるのですが、異なるお札が存在します。

代表的なお札としては2000円札「JL券」で、買取価格は最大で20万円ほどとなります。

JL券とは、上記の画像のように左上の記番号の初めが【J】、右下の記番号が【L】になっています。

他にもアルファベットが異なるお札は存在しており、買取価格は20万円以上にもなります。

裏写り

裏写り

買取相場 〜80万円

「裏写り紙幣」とは、表と裏が同じ面に印刷された状態のお札です。

その価値は最大で80万円以上の価値があるとされおり、過去には1万円札に74万円で取引された事もあります。

【エラー紙幣】査定・買取ならバイセル!

福ちゃん 買取プレミアム
バイセル
公式サイト >詳細はこちら >詳細はこちら >詳細はこちら
査定実績
買取価格
対応スピード
買取方法 店頭買取 店頭買取 出張買取
利用者満足度 85% 85% 90%

エラー紙幣をはじめ多くの硬貨買取を行っている大手業者3社をまとめてみました。

こちらの3社に関しては多くの方が利用しており、買取方法や満足度などに大きな差はありませんでした。

しかし唯一差がついたのは、買取価格の高さがバイセルが1番高いということです。

月間2万件以上の買取実績と再販ルートをしっかり持っていることから買取価格が高くなっております。

エラー紙幣をしっかり鑑定してほしい方は、ぜひバイセルに依頼してみてください!

査定価格を比較したい方は?

査定価格を比較したい方は、福ちゃんを利用してみてください。
初めて利用する方を対象に買取価格最大で20%アップのキャンペーンを実施中です。

バイセルや福ちゃんは、「手数料無料、コスト0円」で査定してもらうことができます。

もちろん査定価格に納得できなければ、キャンセルすることもできます。

エラー紙幣をお持ちの方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

バイセル公式サイトはこちら