軍用手票とは

軍用手票とは、戦時中に植民地などで軍隊が現地で物資調達するために作られた紙幣です。

一時的に使用可能な紙幣であり、戦争終了後に軍によって回収された紙幣であるためほとんど現存しておりません。

また太平洋戦争での敗戦によって、軍票のお金としての価値は失効しているため現在では使うことはできません。

しかしそんな軍用手票はコレクターの間で人気の古紙幣であり、特に昭和17年発行の「は号1000ルピア」は15万円ほどで取引されております。

軍用手票(軍票)の価値一覧

承恵社札

承恵社札

買取相場 〜30万円
発行時代 1877年
額面価格 5円、1円、半円

承恵社札の価値は、最大で50万円ほどになることがあるようです。

承恵社札は西南戦争の際、西郷軍が発行した日本初の軍用手票で、5円、1円、半円の3種類あります。

1円、半円はこれまでに取引されたことがあるようですが、5円はこれまで見つかっておらず価値も正確にはわからない状況です。

もし5円札をお持ちであれば、すぐにでも専門家に査定してもらうべきでしょう。

西郷札

西郷札

買取相場 〜30万円
発行時代 1877年
額面価格 10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭

西郷札の価値は、最大で30万円ほどとなっております。

西郷札は承恵社札の2ヶ月後に西郷軍が発行した軍用手票です。

額面価格は6種類発行されておりますが、西南戦争終了後、政府が回収したため6種類ともほとんど現存しておりません。

日清戦争軍票

日清戦争軍票

買取相場 数百万円以上
発行時代 1895年
額面価格 10両、5両、1両、5銭、2銭5分

日清戦争軍票の価値は、数百万円以上となっております。

日清戦争の際に発行された紙幣ですが、日清戦争が短期で終了したため発行枚数が少なくなっております。

またほどんどが政府によって回収されたため、これまでに見つかっているのは1両札が数枚程度といった希少価値の高いものとなっております。

日露戦争軍票

日露戦争軍票

買取相場 数百万円以上
発行時代 1904年
額面価格 銀1円、銀50銭、銀20銭、銀10銭

日露戦争軍票の価値は、数百万円以上となっております。

日露戦争中に戦場の満州や朝鮮半島で使われた軍票で、日清戦争軍票と比べてかなりの数のお札が発行されました。

デザインは明治通宝のままですが、裏面にはハングル文字が描かれています。

青島出兵軍票

青島出兵軍票

買取相場 数百万円以上
発行時代 1914年
額面価格 銀10円、銀5円、銀1円、
銀50銭、銀20銭、銀10銭

青島出兵軍票の価値は、数百万円以上となっております。

青島出兵軍票は約1,200万円分発行されましたが、その多くは回収され未回収分は約16万円となっています。

額面価格が「銀〇円」となっているので、銀との交換が可能な「兌換銀券」と呼ばれる軍票です。

額面価格5円と10円は、これまでに取引されたことがないことから希少価値の高い軍票となっています。

シベリア出兵軍票

シベリア出兵軍票

買取相場 数百万円以上
発行時代 1918年
額面価格 金10円、金5円、金1円、金50銭、金20銭、金10銭

シベリア出兵軍票の価値は、数百万円以上となっております。

額面価格が「金〇円」となっているので、金との交換が可能な「兌換銀券」と呼ばれる軍票です。

日華事変軍票

日華事変軍票

買取相場 数十万円以上
発行時代 1942年
額面価格 100円、10円、5円、1円、
50銭、10銭、5銭、1戦、2厘5毛

日華事変軍票の価値は、数百万円以上となっております。

1937年から1945年までの日中戦争の際に発行された軍票となります。

額面価格は6種類となっておりますが、甲号・乙号・丙号・丁号・戊号・ろ号と分かれており、合計35種類以上発行されました。

発行期間も長いため他の軍票と比べると価値は落ちてしまいますが、価値の高い軍票となっております。

大東亜戦争軍票

大東亜戦争軍票

買取相場 数万円以上
発行時代 1942年
額面価格 多数

大東亜戦争軍票の価値は、数万円ほどとなっております。

大東亜戦争中に各地域でそれぞれ発行されたため、額面価格やデザインなど無数に存在しております。

その中でも「ルピア」と「グルデン」の通貨の価値は高く、2万円〜3万円ほどの買取相場となるようです。

在日米軍軍票

在日米軍軍票

買取相場 数万円以上
発行時代 1946年
額面価格 1,000円、100円、20円、10円
5円、1円、50銭、10銭

在日米軍軍票の価値は、数万円ほどとなっております。

在日米軍軍票はGHQの布告により発行された軍票で、日本が占領された際に持ち込まれました。

軍用手票の買取業者比較

福ちゃん 買取プレミアム
バイセル
公式サイト >詳細はこちら >詳細はこちら >詳細はこちら
査定実績
買取価格
対応スピード
買取方法 店頭買取 店頭買取 出張買取
利用者満足度 85% 85% 90%

旧札の買取を行っている大手業者3社をまとめてみました。

こちらの3社に関しては多くの方が利用しており、買取方法や満足度などに大きな差はありませんでした。

しかし唯一差がついたのは、買取価格の高さがバイセルが1番高いということです。

月間2万件以上の買取実績と再販ルートをしっかり持っていることから買取価格が高くなっております。

軍用手票はしっかり鑑定してほしい方は、ぜひバイセルに依頼してみてください!

査定価格を比較したい方は?

査定価格を比較したい方は、福ちゃんを利用してみてください。
初めて利用する方を対象に買取価格最大で20%アップのキャンペーンを実施中です。

バイセルや福ちゃんは、「手数料無料、コスト0円」で査定してもらうことができます。

もちろん査定価格に納得できなければ、キャンセルすることもできます。

軍用手票をお持ちの方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

バイセル公式サイトはこちら