兌換券甲号(日本武尊1,000円)の価値と概要

兌換券甲号(日本武尊1,000円)は、1942年に発行された1,000円札です。

第二次世界大戦後にインフレーションを解決する為に作られた紙幣で、基本的に流通することがありませんでした。

また当時貨幣としての役割が失効した時に、ほとんどの兌換券甲号(日本武尊1,000円)は政府によって回収されたため現在ではほとんど出回っていないとされております。

日本武尊1,000円札の価値

日本武尊1,000円札の価値と買取相場

買取相場 〜30万円
発行年代 1942年~1946年
券種 兌換券甲号
絵柄 表:日本武尊と建部神社
裏:彩紋
サイズ 縦100mm×横172mmm

日本武尊1000円札の価値は、最大で30万円以上となります。

表に「日本武尊の肖像画」が描かれていることから、「日本武尊1,000円札」と呼ばれています。

こちらのお札は昭和時代に発行されていることから現存枚数が少なくなっており、希少価値の高いお札です。

また当時、証紙を張り付けて使用する「証紙貼付銀行券」が作られましたが、日本武尊1000円札の証紙付きのものはほとんどないとされております。

もし日本武尊1000円札をお持ちであれば、一度専門家に査定してもらうことをおすすめします。

【旧1,000円札】おすすめ買取業者を比較

福ちゃん 買取プレミアム
バイセル
公式サイト >詳細はこちら >詳細はこちら >詳細はこちら
査定実績
買取価格
対応スピード
買取方法 店頭買取 店頭買取 出張買取
利用者満足度 85% 65% 95%

旧札の買取をお考えであれば、バイセルがおスススです。

査定実績が豊富なだけでなく、買取価格も業界TOPクラスなので安心して依頼することができます。

また福ちゃんは、現在初めて利用する方を対象に買取価格アップのキャンペーンを実施しておりますので、査定価格を比較したい方は依頼してみてください。

バイセル公式サイトはこちら