旧1,000円札の価値と概要

これまで日本の歴史の中で、1,000円札と呼ばれるものは5種類発行されています。

現在は「野口英世1,000円札」が使用されておりますが、過去に使用されていた1,000円札も世の中で出回っております。

そんな旧1,000円札は通常より価値が高くなっており、1枚あたり100万円以上で買取してもらうことができるお札もあります。

そこで本記事では、旧1,000円札の価値について詳しく紹介していきます。

旧1,000円札の価値一覧

日本武尊1,000円札の価値

日本武尊1,000円札の価値と買取相場

買取相場 〜30万円
発行年代 1942年~1946年
券種 兌換券甲号
サイズ 縦100mm×横172mmm

日本武尊1000円札の価値は、最大で30万円以上となります。

表に「日本武尊の肖像画」が描かれていることから、「日本武尊1,000円札」と呼ばれています。

こちらのお札は昭和時代に発行されていることから現存枚数が少なくなっており、希少価値の高いお札です。

聖徳太子1,000円札の価値

聖徳太子1,000円札の価値

買取相場 〜10万円
発行年代 1950年~1965年
券種 日本銀行券B号券
サイズ 縦76mm×横164mm

聖徳太子1,000円札の価値は、最大で30万円以上となります。

表に「聖徳太子尊の肖像画」が描かれていることから、「聖徳太子1,000円札」と呼ばれています。

聖徳太子1,000円札は、記番号によって大きく価値が異なり、アルファベット1桁のお札は発行初期のもので価値が高くなります。

その他にもプリントエラーなど価値が高くなる聖徳太子1,000円札がありますので、専門家に査定してもらうことをおすすめします。

伊藤博文1000円札の価値

伊藤博文1000円札の価値

買取相場 〜10万円
発行年代 1963年~1986年
券種 日本銀行券C号券
サイズ 縦76mm×横164mm

伊藤博文1,000円札の価値は、最大10万円ほどとなっています。

表に「伊藤博文の肖像画」が描かれていることから、「伊藤博文1,000円札」と呼ばれています。

こちらの伊藤博文1,000円札同様、記番号によって買取価格が変わってきます。

特に先頭のアルファベットが1桁の初期に発行されたお札であれば、10万円以上で買取してもらうことも期待できます。

夏目漱石1,000円札の価値

夏目漱石1,000円札の価値

買取相場 〜10万円
発行年代 1984年~2007年
券種 日本銀行券D号券
サイズ 縦76mm×横150mm

夏目漱石1,000円札の価値は、最大10万円ほどとなっています。

表に「夏目漱石の肖像画」が描かれていることから、「夏目漱石1,000円札」と呼ばれています。

こちらの聖徳太子1,000円札同様、記番号によって買取価格が変わってきます。

記番号の色やアルファベット一桁のお札であれば、価値の高い夏目漱石1,000円札となります。

【無料】旧1,000円札の査定依頼はこちら

※簡単申込!3分で申込完了

【旧1,000円札】プレミア価値のつく条件を紹介!

旧1,000円札の中には、最大で100万円以上で買取してもらうことが可能なお札が存在します。

そこで通常より高値で買取してもらうことができる旧1,000円札について詳しく紹介していきます。

  • 記番号のアルファベットに特徴がある
  • 記番号の数字がレア
  • プリントエラーの旧1,000円札
  • 帯付きの旧1,000円札

上記の条件に該当するお札であれば非常に珍しい紙幣であり、100万円以上で買取をしてもらえる可能性があります。

では、次に上記の条件について詳しく紹介していきます。

記番号のアルファベットに特徴ある

種類 買取相場/備考
記番号のアルファベットに特徴ある
〜100万円
画像のように記番号のアルファベットが「A○○○○○○A」、「CC○○○○○○C」のようにアルファベットが揃っていれば、買取価格は最大10万円ほどとなります。また「A000001A」であれば1番最初に発行されたお札なので、買取価格は最大で100万円以上になります。

記番号の数字がレア

種類 買取相場/備考
記番号の数字がレア
〜100万円
アルファベットの間に書かれている数字が「111111」「123456」「333999」などとなっていれば、買取価格は1万円以上になる可能性があります。その中でも数字が「777777」の場合、買取価格は最大で100万円以上になります。

プリントエラー

種類 買取相場/備考
プリントエラー
〜100万円
印刷がずれていたり、裁断されるはずの部分が残っていたり逆に裁断されてサイズがわずかに違うなどの旧1,000円紙幣もあります。

帯付き(100枚束)

種類 買取相場/備考
帯付き旧札
〜100万円
旧1,000円札が100枚束となったものが存在し、そのような旧1,000円札の束は、「帯付き」あるいは「官封」と呼ばれています。

【旧1,000円札】おすすめ買取業者を比較

福ちゃん 買取プレミアム
バイセル
公式サイト >詳細はこちら >詳細はこちら >詳細はこちら
査定実績
買取価格
対応スピード
買取方法 店頭買取 店頭買取 出張買取
利用者満足度 85% 65% 95%

旧札の買取をお考えであれば、バイセルがおスススです。

査定実績が豊富なだけでなく、買取価格も業界TOPクラスなので安心して依頼することができます。

また福ちゃんは、現在初めて利用する方を対象に買取価格アップのキャンペーンを実施しておりますので、査定価格を比較したい方は依頼してみてください。

バイセル公式サイトはこちら