小額政府紙幣の価値と概要

小額政府紙幣は昭和時代に発行された旧札で、額面価格は、「50銭」のみでデザインが2種類あります。

デザインは「富士桜」と「靖国神社」の2種類で、ともに希少価値が高くなっております。

そこで本記事では、小額政府紙幣の価値について詳しく紹介していきます。

小額政府紙幣50円(靖国神社)の価値

小額政府紙幣50円(靖国神社)の価値

買取相場 〜1万円
絵柄 靖国神社と金鵄
発行年数 1942年~1948年

小額政府紙幣50円(靖国神社)の買取相場は、最大で1万円ほどとなっております。

表面には「靖国神社」が書かれていることから、「靖国神社50円」とも呼ばれている古紙幣です。

小額政府紙幣50円(靖国神社)は、昭和17年から19年の前期と、昭和20年の後期と2度発行されています。

後期に関してはGHQの占領下で製造したため、アメリカの厳しいチェックのもと製造・発行されました。

小額政府紙幣50円(富士桜)の価値

小額政府紙幣50円(富士桜)の価値

買取相場 〜1,000円
絵柄 富士山と桜、旭日
発行年数 1938年~1948年

小額政府紙幣50円(富士桜)の買取相場は、最大1,000円ほどとなっております。

富士山と桜が書かれていることから、「富士桜50円」とも呼ばれている古紙幣です。

日中戦争中の銀不足を解消するために発行され、昭和13年から23年までの約10年間使われていました。

【小額政府紙幣】おすすめ買取業者を比較

福ちゃん 買取プレミアム
バイセル
公式サイト >詳細はこちら >詳細はこちら >詳細はこちら
査定実績
買取価格
対応スピード
買取方法 店頭買取 店頭買取 出張買取
利用者満足度 85% 65% 95%

小額政府紙幣の買取をお考えであれば、バイセルがおスススです。

査定実績が豊富なだけでなく、買取価格も業界TOPクラスなので安心して依頼することができます。

また福ちゃんは、現在初めて利用する方を対象に買取価格アップのキャンペーンを実施しておりますので、査定価格を比較したい方は依頼してみてください。

バイセル公式サイトはこちら